案内する男子

日本の葬儀といえば、故人の友人や親族、多少なりとも関係があった人物を一通り招いて行う大規模なものが一般的でした。しかし、こうした大規模な葬儀は、準備に要する時間や気遣いで喪主の疲労が激しく、昨今は減少しつつあります。その逆として、頻繁に行われるようになってきたのが家族葬です。 家族葬は、まさに近親者のみで執り行う葬儀であり、参列者が従前の葬儀と比べて格段に少ないのが特徴です。準備に必要な時間も少なく、喪主の負担も最小限です。 また、家族葬は必要となる会場も小規模であるため、費用面の負担も大きなものではありません。最近は予算に応じた家族葬のプランを提示する斎場も増えており、安価で葬儀を執り行うケースも増加しているのです。

家族葬はお通夜や告別式など一般のお葬式と比べても参列者を限定するなど葬儀自体の流れはそれほど違いはありません。一般の方の参列がなく家族やごく親しい者で行うのが特徴です。 なぜ家族葬を選ぶ人が増えてきたのかというと、高齢化や少子化の問題が根底にあります。高齢者の場合は参列する人が少なくなっているということもありますし、一人っ子が増えている事もあって、両方の両親の葬儀をする余裕がなくなっている現状があります。また核家族化などで親類とのつき合いが希薄になっている事や近所の人との交流がないことも珍しくないため家族葬でコンパクトに行ないたいというのも理由です。 家族葬では身近なものだけで行なうので気遣いも少なくてすみ、精神的体力的負担が軽くなるというメリットもあります。